ついつい忘れがちな冬のムダ毛

冬になると寒くなってくるので、服を着こむじゃないですか。だから忘れがちになるんです。自分のムダ毛の存在を。冬に入ってから一度も手足のムダ毛を処理していませんでした。どうせ服に隠れているので平気だと思っていたのです。だから気にせずにいられました。しかしつい気を抜きすぎて、大失敗したのです。

waki3あれは試着室で着替えをしていたときのことでした。室内があったかかったということもあって、私は袖のないジャケットを試着していたのです。そしたら試着室の外から「どうですかー?」という声が…。慌てふためいて「いいです」と言ったら、なぜかそこのスタッフさんは試着室を開けていいですと勘違いしたらしくて、開けられてしまいました。そして一瞬私たちは固まりました。そうです。私のまったく処理していないもじゃもじゃのムダ毛がスタッフさんの目に晒されて、思わぬ大恥をかいてしまったのです。

あまりに恥ずかしかったので、「あ、もういいです」といって、そそくさと私はお店を後にしました。もちろん服も買っていません。あまりに恥ずかしかったのと、小さな怒りを感じて、私は店を飛び出てきました。せっかく気に入ったデザインのジャケットだったのにショックです。

冬のムダ毛ってついつい処理を忘れてしまいます。そしてたまにこういう恥ずかしい目に合うんですよね。やっぱり店で服を買うときなどはもっとムダ毛を気にするようにしようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です